未分類

【2020年版】これだけは見るべきアニメランキング -青春アニメ編-

現在の社会情勢を踏まえ、自宅で過ごす人が以前よりも増えた人は多いでしょう。自宅にいるとつい時間を持て余してしまいます。そんな時、普段そこまで見ることはないけど何かアニメを見たいと思ったり、逆に色々アニメを見てきたけど何か新しく見ようかなと思うことがありますよね? 本記事では、これまで数多くのアニメを視聴してきた私が厳選するこれだけは見るべきと思うアニメをランキング形式で紹介していきます。 今回は、大人になるとふと青春を感じたいと思うようになる傾向があることや今の社会情勢によって本来なら青春を謳歌できる学生 ...

続きを読む

アニメ

【フルーツバスケット 2nd Season】第24話のネタバレ感想!最終回の直前で大きく動くストーリーに注目

フルーツバスケット 2nd Seasonの第24話のあらすじネタバレと感想をまとめました。 文化祭も終わり、ふたたび大きく動いたそれぞれの人間ドラマ。 最終回がいよいよ近づく中で、どのような変化があったのでしょうか……?   Contents1 「フルーツバスケット 2nd Season」第23話の内容をおさらい2 「フルーツバスケット 2nd Season」第24話のあらすじネタバレ2.1 由希と接して変化していく真知2.2 十二支の宴2.3 由希と慊人の決別2.4 慊人も思い知ればいい3 「 ...

続きを読む

アニメ映画

【崖の上のポニョ】ポニョの父親のフジモトとはどんなキャラ? 人間をやめた?

2008年に公開されたスタジオジブリのアニメ作品『崖の上のポニョ』。 こちらの作品に登場するフジモトというキャラクターがいます。フジモトについて、『崖の上のポニョ』を見た人からはこのような感想が挙げられています。 そーいやフジモトやポニョが何者なのか、という説明もなかったな。 — とりたく (@toritaku) February 13, 2015 崖の上のポニョ。これ好きだし、今見てるけど、フジモトって結局何者なんだ?元人間らしいが今は何なんだ?人間に嫌気が差したらしいが何がきっかけで人間辞めたんだ?グ ...

続きを読む

アニメ

「青春ブタ野郎」の 2期が放送される可能性はある?

「青春ブタ野郎」とは、鴨志田一さんが書かれており、電撃文庫で販売されている人気ライトノベルです。 ライトノベルだけでなくと漫画化もされていますし、2018年10月にはアニメ化し、2019年6月にはアニメ映画化もしました。 アニメやアニメ映画はとても人気が高い作品でしたので、アニメの2期を望む声はとても大きいのですが、2020年9月現在、アニメの2期の放映予定は決まっていません。 果たして「青ブタ」の2期が放映される可能性はあるのでしょうか?   Contents1 「青春ブタ野郎はバニーガール先 ...

続きを読む

アニメ映画

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」の実写版キャストがアニメ映画の声優としても出演していた!

「思い、思われ、ふり、ふられ」は、咲坂伊緒さんが別冊マーガレットにて連載されていた人気少女漫画です。 2018年には、第63回小学館漫画賞の少女向け部門を受賞しています。 そんな「思い、思われ、ふり、ふられ」が、アニメと実写の映画がほぼ同時期に公開されることとなりました。 本来、アニメ版は2020年5月に公開予定でしたが、コロナウイルスの影響で9月の公開となり、実写版は8月の公開であったため、ほぼ同時期に公開となったのです。 しかも、実写映画でメインである4人のキャストが、実はアニメ映画でも声優として出演 ...

続きを読む

アニメ映画

【Fate/stay night Heaven's Feel】劇場版第3章の感想(ネタバレ注意)

大人気アニメ作品のひとつであるFateシリーズから、全3部作の『Fate/stay night Heaven's Feel』の最終章である3章が春公開予定からの延期を経て、8月15日に劇場公開されました。

本記事では、『Fate/stay night Heaven's Feel』3章の感想についてまとめていきます。

 

 

『Fate/stay night Heaven's Feel』3章のあらすじ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Info ANIME Release date 15-08-2020 Kisah Sakura Matou dalam trilogi film Fate/stay night Heaven’s Feel akhirnya akan segera berakhir. Film ketiga yang berjudul Fate/stay night: Heaven’s Feel III. spring song Film anime trilogi Fate/stay night: Heaven’s Feel diadaptasi dari rute cerita Heaven’s Feel dari novel visual Fate/stay night yang dirilis pada 2004 oleh studio TYPE-MOON. Selain menjadi film anime, cerita dari rute ini juga telah diadaptasi menjadi serial komik pada 2015 lalu. Dalam rute ini dikisahkan karakter Sakura Matou yang seharusnya tidak ada kaitannya dengan peristiwa Holy Grail War yang berlangsung di kota Fuyuki. Namun akibat tragedi masa kecil yang ia alami, sifat Sakura mengalami beberapa perubahan. Dan perlahan, Sakura ikut terlibat dalam Holy Grail War dan akan mengantarkan sang karakter utama, Shirou Emiya ke dalam takdir yang tidak ia duga sebelumnya. Aimer yang menyanyikan lagu tema dari 2 film sebelumnya kini akan kembali menyanyikan lagu tema, dengan lagu yang berjudul “Haru wa Yuku”. Yuki Kajiura juga masih akan menggarap musik di film ini.

ムジャン(@ouzein99)がシェアした投稿 -


魔術師(マスター)と英霊(サーヴァント)が持ち主のあらゆる願いを叶える『聖杯』をかけて戦う『聖杯戦争』。

衛宮士郎はかつての聖杯戦争で父が命を落としてその意思を受け継ごうと奮闘する遠坂凛と共闘し、聖杯戦争を終わらせようと過酷な戦いに身を投じる。

罪を犯して暗い闇に溺れる少女・間桐桜を守ると誓った衛宮士郎が奮闘する一方で、イリヤスフィール・フォン・アインツベルンは闘争の真実を知るものとしてその運命に立ち向かい、間桐臓硯は桜を利用して己の願望を叶えようとしていた。

聖杯戦争の最後の戦いが幕を上げる。

 

 

『Fate/stay night Heaven's Feel』3章の主要キャラクター紹介

今回こちらの作品に登場するキャラクターを軽くまとめます。

 

衛宮士郎:穂群原学園に通う生徒。間桐桜を守るため聖杯戦争に挑む少年。セイバーのマスター。

間桐桜:士郎の1つ下の後輩で、士郎を慕っている。遠坂家に生まれ、間桐家の養子に入った少女。ライダーのマスター。

セイバーオルタ:士郎のサーヴァントのセイバーが影に飲まれ、黒化した姿。聖杯から莫大な魔力の供給を受けて士郎たちの前に立ちはだかる。

遠坂凛:士郎の同級生で、桜の実姉。士郎とともに聖杯戦争に臨む。

イリヤスフィール・フォン・アインツベルン:聖杯戦争の御三家のひとつのアインツベルンの名を持つ少女。サーヴァントであるバーサーカーを失い、士郎の下に身を寄せる。

藤村大河:穂群原学園の教師。士郎の保護者代わりとなっている。

言峰綺礼:10年前の聖杯戦争の参加者で、今回の聖杯戦争の監視役として動いている。

間桐臓硯:聖杯戦争の御三家のひとつの間桐家の当主。桜を利用して自らの願いを叶えようとしている。

ライダー:間桐桜のサーヴァント。

真アサシン:真の暗殺者のサーヴァント

 

 

『Fate/stay night Heaven's Feel』3章の評判(ネタバレ注意)

こちらの作品を見に行ったファンの人からは以下のような感想があがりました。

実際に映画を見に行って、その作品の素晴らしさに映画が終わる頃にはもはや何も言葉が出てこない、感無量だと思う人が多く見られました。

またこちらの作品は4DXで楽しめる劇場もあり、その戦闘シーンの臨場感を五感で楽しむことができて楽しかったと感じる人もいました。

少しだけ難点を挙げると、面白かったとは感じつつも十分にFateシリーズの知識や設定を頭に入れても、原作が未プレイだと少し掴みづらい部分が出て、完全には理解できなかったという人も散見されました。

 

 

『Fate/stay night Heaven's Feel』3章の感想(ネタバレ注意)

こちらの作品は桜にまつわるストーリーとなっており、こちらの映画の公開時期が3月の春ということでその時点で、ベストマッチという感じでしたが、残念ながらコロナウイルスの影響で延期しました。なんとか待ってようやく8月に劇場公開となり、5か月待った分よりわくわく感が止まりませんでした。

いざ映画が始まると、早々から桜と凛の戦闘が始まってそこにライダーとオルタセイバーが混ざっていき交戦状態となりました。大抵の作品の場合は序章でゆっくりと状況が明らかとなってストーリーが進んでいきますが、最終章ということもあって早々から戦闘シーンでその後も多く戦闘シーンが繰り広げられ、それ以外のシーンも重要な要素について語っているシーンばかりで、とにかく休みなしのストーリー構成となっていました。

終わった時にとりあえず状況を整理しようとすると、思った以上の量の涙を流していることに気が付きました。『Fate/stay night Heaven's Feel』という3部構成の作品がここまでたどり着くのに1章の劇場公開から2年と10か月ほど要し、それだけの月日を得てようやく聖杯戦争が終結を迎えたこと、これまでの桜の起こしてきた罪を今更償ってどうにかできるものではないという思いを聞いた士郎が、単にお前を守るから気にするなと言うのではなく、あくまでしてきたことの責任を取れと伝えた上で、桜に問われるすべてのことからお前を守ると誓ったシーンが非常にかっこよかったことを踏まえて、心が震えました。

自分が何かを手にするために、何か犠牲が必要となった時、その罪悪感を抱え込まずに誰かに相談することや逆の状況の時に相談相手になってあげようとこの作品を通して心に誓いました。今後生きていく上で、ひとつの決心を固めてくれたそんな大切な作品になりました。

 

そんな自分にひとつの心の成長を与えてくれる『Fate/stay night Heaven's Feel』の3章を見に、1、2章を視聴した上で是非映画館に足を運んでみてください!

 

-アニメ映画

© 2020 アニメ・マンガFan