未分類

【2020年版】これだけは見るべきアニメランキング -青春アニメ編-

現在の社会情勢を踏まえ、自宅で過ごす人が以前よりも増えた人は多いでしょう。自宅にいるとつい時間を持て余してしまいます。そんな時、普段そこまで見ることはないけど何かアニメを見たいと思ったり、逆に色々アニメを見てきたけど何か新しく見ようかなと思うことがありますよね? 本記事では、これまで数多くのアニメを視聴してきた私が厳選するこれだけは見るべきと思うアニメをランキング形式で紹介していきます。 今回は、大人になるとふと青春を感じたいと思うようになる傾向があることや今の社会情勢によって本来なら青春を謳歌できる学生 ...

続きを読む

アニメ

【フルーツバスケット 2nd Season】第24話のネタバレ感想!最終回の直前で大きく動くストーリーに注目

フルーツバスケット 2nd Seasonの第24話のあらすじネタバレと感想をまとめました。 文化祭も終わり、ふたたび大きく動いたそれぞれの人間ドラマ。 最終回がいよいよ近づく中で、どのような変化があったのでしょうか……?   Contents1 「フルーツバスケット 2nd Season」第23話の内容をおさらい2 「フルーツバスケット 2nd Season」第24話のあらすじネタバレ2.1 由希と接して変化していく真知2.2 十二支の宴2.3 由希と慊人の決別2.4 慊人も思い知ればいい3 「 ...

続きを読む

アニメ映画

【崖の上のポニョ】ポニョの父親のフジモトとはどんなキャラ? 人間をやめた?

2008年に公開されたスタジオジブリのアニメ作品『崖の上のポニョ』。 こちらの作品に登場するフジモトというキャラクターがいます。フジモトについて、『崖の上のポニョ』を見た人からはこのような感想が挙げられています。 そーいやフジモトやポニョが何者なのか、という説明もなかったな。 — とりたく (@toritaku) February 13, 2015 崖の上のポニョ。これ好きだし、今見てるけど、フジモトって結局何者なんだ?元人間らしいが今は何なんだ?人間に嫌気が差したらしいが何がきっかけで人間辞めたんだ?グ ...

続きを読む

アニメ

「青春ブタ野郎」の 2期が放送される可能性はある?

「青春ブタ野郎」とは、鴨志田一さんが書かれており、電撃文庫で販売されている人気ライトノベルです。 ライトノベルだけでなくと漫画化もされていますし、2018年10月にはアニメ化し、2019年6月にはアニメ映画化もしました。 アニメやアニメ映画はとても人気が高い作品でしたので、アニメの2期を望む声はとても大きいのですが、2020年9月現在、アニメの2期の放映予定は決まっていません。 果たして「青ブタ」の2期が放映される可能性はあるのでしょうか?   Contents1 「青春ブタ野郎はバニーガール先 ...

続きを読む

アニメ映画

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」の実写版キャストがアニメ映画の声優としても出演していた!

「思い、思われ、ふり、ふられ」は、咲坂伊緒さんが別冊マーガレットにて連載されていた人気少女漫画です。 2018年には、第63回小学館漫画賞の少女向け部門を受賞しています。 そんな「思い、思われ、ふり、ふられ」が、アニメと実写の映画がほぼ同時期に公開されることとなりました。 本来、アニメ版は2020年5月に公開予定でしたが、コロナウイルスの影響で9月の公開となり、実写版は8月の公開であったため、ほぼ同時期に公開となったのです。 しかも、実写映画でメインである4人のキャストが、実はアニメ映画でも声優として出演 ...

続きを読む

アニメ映画

となりのトトロの死神説は本当?都市伝説の内容とその真相は?

となりのトトロは老若男女問わず知らない人はいないというほどの国民的アニメ映画で、数多くある宮崎監督の作品の中でも代表作と言えるものです。
となりのトトロが公開されたのは1988年ですが、今でも数年に一度はテレビで放映されています。
ふわふわのトトロに抱きついてみたい、とかネコバスに乗ってみたい、と思われたことがある人も多いはずです。
実はトトロの死神説や、さつきとメイは死んでいるのではないか、という都市伝説があるのを聞いたことはありませんか?
子供向けのアニメーションであるにも関わらず、トトロになぜ死神説いう都市伝説があるのでしょうか?

 

 

さつきとメイは死んでいるという都市伝説


映画の前半部分ではさつきとメイの2人の影が作画されているのですが、後半になると影が作画されていません。
影が作画されていないのは「さつきとメイは死んでしまったことを指しているのではないか」という説があるのです。
他にも二人が死んでいるということに対してさまざまな説明がされているのですが、一番よく言われる不自然シーンは、ラストシーンでお母さんの入院している病院にさつきとメイがとうもろこしを持って行ったのにも関わらず、メッセージを書いたとうもろこしだけを置いて会わずにいたこと、お母さんが外を見て「なんだかさつきとメイが笑った気がした」
と言ったことがあります。
さつきとメイの2人はネコバスやトトロと一緒に近くの木の上からお母さんの様子を見ていますが、それなら直接会えばよかったのではないか、などが理由です。
会えない理由として、「実はもう死んでいて、お母さんに会うことができない状態だったのでは?」と言われています。

 

 

トトロのモデルは「トロール」なので死神である説


トロールというのはノルウェーの伝承にある邪悪な妖精のことで、トロールは子供専門の死神だと言われています。
トトロの存在はトロールが元になっているではないかというのは、作中でさつきが
「トトロ?トロルのこと?」と聞き返したことによるものです。
トトロに会えたのは、もう死ぬことが定められていたからなのではないか、という説があります。
メイが迷子になって、村人の皆でメイの捜索をしているときに、池で女の子用の小さなサンダルが見つかります。
メイが迷子になった時に履いていたサンダルとは違うデザインではありましたが、集落の周辺にはメイくらいの年頃の子供は描かれていません。
本当はこのサンダルはメイのもので、迷子になる以前に死んでいたのではないか、とされています。
さつきが池でサンダルを確認した時に、メイが死んでしまったことにさつきが気づいたのではないのか、とも言われ、さつきがトトロに会えたのは「私をメイのところに連れてって」と頼んでいるからで、「メイのところ」は「死んだメイのところ」を指しており、さつきもその時に死んでしまったのでは、とされています。

 

 

となりのトトロは狭山事件と関係がある?

狭山事件というのは、1963年5月1日に埼玉県狭山市で起こった強盗強姦事件です。
被害者は高校一年生の少女で、森の中で惨殺されていました。
少女を探していた姉は事件聴取の時に錯乱状態で、「猫のおばけ」や「大きなたぬき」がいたということを言っていたそうです。
猫のおばけというのはネコバスになり、大きなたぬきはトトロになったのではないか、とされています。
また、埼玉県狭山市は森や川、湖、田んぼなどがあり、田舎の雰囲気の漂うトトロの世界観と、共通点があるのでは?と言われています。
またさつきとメイの名前の由来は「5月」で、狭山事件も5月に起きた事件です。
これらも関係性をささやかれる根拠になっています。

 

 

エンディングでさつきとメイと一緒にいるお母さんが若く見える説


お母さんの病気は結核ではないか、と言われています。
その理由はお母さんが入院していた病院が「木造の校舎っぽい」というところにあるのです。
結核の療養所であった「保生園」はこの作りに似ているそうです。
また、宮崎監督が出版された書籍にて、「さつきとメイが暮らしていた結核患者のための家」だとと公表しています。
今では完治率が高い結核ですが、さつきとメイの時代は結核は治る病気ではありますが、は今ほど簡単に治る病気では無かったはずです。
そのため、このエンディングはお母さんの入院前の話ではないか、と言われているのです。

 

 

スタジオジブリはとなりのトトロは死神説やさつきとメイの死亡説いう都市伝説を否定している

となりのトトロを制作したスタジオジブリはこれらの都市伝説について、「うわさに過ぎない」と完全に否定をしています。
宮崎監督や鈴木プロデューサーも個別にテレビ出演をされた際に聞かれたときもふたりとも「そんなことはない」とおっしゃっています。

 

関連記事
となりのトトロのおばあちゃんの声優は誰?【劇中のシーンの考察も】

数年おきにテレビ放送もされている、いまだに人気のある映画『となりのトトロ』。 その中での異彩を放っているキャラクターが、カンタのおばあちゃんです。 この記事では、カンタのおばあちゃんを演じている声優や ...

 

となりのトトロの都市伝説の考察

都市伝説なのでこじつけ的なものがあるのは仕方ありません。
となりのトトロはもともと子供向けのアニメなので、ここまで怖い内容に取ってしまうかな…、とは正直感じます。
でもここまでさまざまな解釈をされるほど、人気の高いアニメということなのだと思います。
この都市伝説を信じるか信じないかは、まさに「あなた次第」なのではないでしょうか。

-アニメ映画

© 2020 アニメ・マンガFan