アニメ

アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活2ndseason』47話あらすじネタバレ感想!【エミリアは現実を受け入れて、スバルは仲間とともに戦う!】

異世界転生小説の中でも特に大人気のシリーズを映像化し、大きな話題を集めているアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』、通称「リゼロ」。 その2nd Seasonの22話(通算47話目)のあらすじネタバレや感想をまとめました。 聖域の謎を知ったスバルたちは、レムたちを救うために屋敷に突入。そこでベアトリスと再会するスバルですが……   U-NEXTなら『Re:ゼロから始める異世界生活』を配信中! リゼロ 2nd seasonを無料で見る   Contents1 『Re:ゼロから始める異世 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『半妖の夜叉姫』21話のあらすじとネタバレ【朔の日のとわを救ったのは……。】

ヒットアニメ『犬夜叉』の続編『半妖の夜叉姫』が、いよいよ2クール目の終盤に向かってきました。 最後の物語から15年が経過しており、全作のメインキャラクターの子どもたちが活躍する物語となっていて、かつてのファンも犬夜叉を懐かしみながら視聴できる今作。 今回は『半妖の夜叉姫』第20話のあらすじとネタバレについて考察していきます!   U-NEXTなら『半妖の夜叉姫』を配信中! 半妖の夜叉姫を無料で見る   Contents1 アニメ『半妖の夜叉姫』前回の振り返り2 アニメ『半妖の夜叉姫』2 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『進撃の巨人 The Final Season』71話のあらすじネタバレ感想!【ザックレー死亡とエレン脱獄で事態が急変!?】

空前のヒットを記録した漫画を原作に、巨人の力を巡る人間たちの壮大な戦いを描いたアニメ『進撃の巨人』。 そのファイナルシーズン12話目(シリーズ全体で見ると71話目)のあらすじやネタバレ、感想をまとめました。 エレン、ガビ、ライナー、その他にも多くの登場人物の考えが交錯する中で、ストーリーは新展開に……!?     U-NEXTなら『進撃の巨人』を配信中! 進撃の巨人 The Final Seasonを無料で見る   シーズン1、シーズン2、シーズン3も配信中!   ...

続きを読む

アニメ

アニメ『五等分の花嫁∬』8話のあらすじとネタバレ【偽五月の正体と思惑とは?】

アニメ『五等分の花嫁』が2019年1月から3月まで放送され、大反響となっていました。 第2期の放送は新型コロナウイルスの影響で2期の放送が延期になりましたが、 2021年1月から待望の放送開始、いよいよ物語も終盤へと近づいてきました。 今回は、アニメ『五等分の花嫁∬』8話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。   U-NEXTなら『五等分の花嫁』を配信中! 五等分の花嫁 1期を無料で見る 五等分の花嫁∬を無料で見る   Contents1 アニメ『五等分の花嫁∬』前回の振り ...

続きを読む

アニメ

アニメ『約束のネバーランド Season2』7話のあらすじとネタバレ【対立するエマとノーマン】

アニメ『約束のネバーランド』は、孤児院で生活をしていた子どもたちが実は食用児だったという知り、脱走をするという斬新なストーリー。 2021年1月から始まった2期は原作と展開が違っていますが、アニメオリジナルがさらに怒涛の展開を迎えています。 今回は『約束のネバーランド Season2』7話のあらすじとネタバレを紹介していきます。 U-NEXTなら『約束のネバーランド 』を配信中! 約束のネバーランドSeason1を無料で見る 約束のネバーランドSeason2を無料で見る   Contents1 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『ひぐらしのなく頃に 業』16話のあらすじネタバレ感想!これが本当にハッピーエンドなのか……?

アニメやゲームが熱狂的な人気を集める『ひぐらしのなく頃に』シリーズを、新たなシナリオで映像化した最新作アニメ『ひぐらしのなく頃に 業』

その16話のあらすじネタバレ、感想をまとめました。

衝撃的な幕開けから、梨花の思考が意外な方向へと進んでいく意味深な回です……

 

関連記事
アニメ『ひぐらしのなく頃に 業』全話ネタバレまとめ、フル視聴&見逃し配信【無料動画でみよう!】

  U-NEXTなら『ひぐらしのなく頃に 業』を配信中! ひぐらしのなく頃に 業を無料で見る   Contents1 アニメ『ひぐらしのなく頃に 業』全話 あらすじ&ネタバレ1.1 ...

 

U-NEXTなら『ひぐらしのく頃に 業』を配信中!

ひぐらしのなく頃に 業を無料で見る

 

『ひぐらしのなく頃に 業』15話のおさらい

あと5回ループして、それでも駄目なら諦めると決意した梨花。

しかし、次のループでは雛見沢症候群を発症した赤坂によって死に、

次は茜の発症に巻き込まれて死に、

次は発症した喜一郎によって水中に沈められて死にます。

さらに次のループでは、雛見沢を出ていたのに、雛見沢症候群を発症した圭一によって死亡。

5回のループのうち4回を死亡で終えてしまうのでした

関連記事
アニメ『ひぐらしのなく頃に 業』15話のあらすじネタバレ感想!【予想以上の展開でショックを受ける人が続出!】

同人ゲーム発で、ショッキングな描写と秀逸なストーリーがカルト的な人気を博してきた『ひぐらしのなく頃に』。 そのアニメ最新作『ひぐらしのなく頃に 業』の15話のあらすじネタバレ、感想をまとめました。 梨 ...

 

『ひぐらしのなく頃に 業』16話のあらすじネタバレ

沙都子と綿流し

次のループで梨花が目を覚ますと、そこは自分の部屋の布団の中で、目の前には沙都子がいます。

梨花は泣きながら、どうして自分ばかりがこんな目に遭うのかと嘆きますが、

そんな梨花に沙都子は「祟りがあるから悪い夢を見ている。もう気づいているはず」と語りかけます。

そして、沙都子が梨花の布団をめくると、梨花のお腹は、映像で映し出せないほどの惨状になっていました

 

祟りの理由

沙都子による梨花の「綿流し」

痛み止めの薬品のおかげで梨花は喋ることができていますが、既に生き延びるのは絶望的な惨状です。

沙都子は梨花が「雛見沢から逃げたい」と思っていたことを指摘し、

巫女でありながら雛見沢を捨てたがるから祟りが起こっているのだと説きます。

最後には沙都子が儀式用の鍬を梨花に振り下ろし、梨花は自分の血と綿(=はらわた)にまみれながら息絶えました

 

川遊び

次に梨花が目を覚ますと、再び沙都子が梨花を覗き込んでいます。

場所は川辺で、圭一やレナ、魅音、詩音たちは水着姿。

部活の皆で川へ遊びに来ていたのでした。

梨花も沙都子と一緒に水着に着替え、皆で思いっきり遊びます。

その帰り道、平和なひと時を満喫した梨花は、沙都子に自分の想いを語るのでした。

 

雛見沢で生きていく?

とても長い夢を見ていた、と語る梨花。

「雛見沢を出たい」という恩知らずな気持ちを抱いたせいで、祟りとして長い夢を見ていたと考える梨花。

しかし、その考えを改め、「雛見沢が大好き」だと言って沙都子と抱き合います。

そして訪れた平和な日々。

「綿流し」の祭りの日には、梨花は巫女として演舞を行い、祭りも平穏に進みます。

その夜、富竹と鷹野と会って話す梨花でしたが……

 

『ひぐらしのなく頃に 業』16話を見た視聴者の声

冒頭からとんでもない描写で始まった『ひぐらしのなく頃に 業』16話。

自主規制のために画面が黒塗りだらけという展開で、あまりのグロさにドン引きする声が集まっていました。

後半Bパートとのギャップが大きすぎて戸惑っている人も多かったみたいですね。

 

『ひぐらしのなく頃に 業』16話の感想・考察

開幕からいきなりのショッキングな描写は、さすがトラウマアニメとして有名な「ひぐらし」らしいと言えるのかもしれません。

この凄惨な展開から、CM明けにはポップな水着回に移行するというのも、いい意味で制作陣のサイコパスっぽさが感じられました。

前半はカットによっては沙都子の目もと以外がほぼすべて真っ黒という極端すぎるシーンもあったりして、

あの黒塗りの下ではどんな光景が広がっているのかちょっと気になってしまいますね。

DVDでは自主規制を撤回したバージョンが見れたりするのでしょうか……

 

そして今回のストーリーでは「悲劇のループは梨花が雛見沢を捨てたいと思っていたから起こった祟り」という結論にたどり着きましたが、

泣き笑いの表情で「雛見沢が大好き」と語る梨花が痛々しかったですね。

本人は納得した様子でしたが、「こんなの洗脳だ」という感想も多く上がっているようでした。

さらに、ラストでは再び富竹と鷹野が登場。

彼らと梨花が話すシーンで終わりましたが、また一波乱が起きそうな予感です。

この2人が今さら登場して、ここから平和に話が進むとは思えませんね……

 

『ひぐらしのなく頃に 業』16話のあらすじネタバレ感想まとめ

ある意味ではひとつの最終回と言ってもいいハッピーエンド風のストーリーが展開された『ひぐらしのなく頃に 業』16話。

ですが、梨花の諦めによってこの平穏が得られたと考えると、あまりにも梨花が可哀想です……

おまけに最後には富竹と鷹野という不安要素も現れて、またまたハッピーエンドが覆されそうな予感。

次回、「猫騙し編 其の四」がどのような結末を迎えるのか待ちきれませんね。

 

U-NEXTなら『ひぐらしのく頃に 業』を配信中!

ひぐらしのなく頃に 業を無料で見る

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan