アニメ

『ひぐらしのなく頃に 業』15話のあらすじネタバレ感想!【予想以上の展開でショックを受ける人が続出!】

同人ゲーム発で、ショッキングな描写と秀逸なストーリーがカルト的な人気を博してきた『ひぐらしのなく頃に』。 そのアニメ最新作『ひぐらしのなく頃に 業』の15話のあらすじネタバレ、感想をまとめました。 梨花が悲愴な決意を固めてから、どのような展開が待ち受けているのでしょうか……トラウマ必至の回となっています。   U-NEXTなら『ひぐらしのなく頃に 業』を配信中! ひぐらしのなく頃に 業を無料で見る   Contents1 『ひぐらしのなく頃に 業』14話のおさらい2 『ひぐらしのなく頃 ...

続きを読む

アニメ

『Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season』40話あらすじネタバレ感想!【オットーの過去とスバルの想いに感動!】

「小説家になろう」発の異世界ファンタジーアニメの中でも、特に大きな人気を集めて幅広い層から支持されている『Re:ゼロから始める異世界生活』、通称「リゼロ」。 その2nd Seasonの15話(通算40話目)のあらすじネタバレや感想をまとめました。 前回気になる描写で終わったオットーとスバル・エミリアの物語がそれぞれ掘り下げられます。 U-NEXTなら『Re:ゼロから始める異世界生活』を配信中! リゼロ 2nd seasonを無料で見る   Contents1 『Re:ゼロから始める異世界生活2n ...

続きを読む

アニメ

アニメ『半妖の夜叉姫』14話のあらすじとネタバレ【因縁の妖怪・焰が現れる!】

ヒットアニメ『犬夜叉』の続編として、『半妖の夜叉姫』が2020年10月から放送され、2クール目が2021年1月から放送されています。 最後の物語から15年が経過しており、全作のメインキャラクターの子どもたちが活躍する物語となっていて、かつてのファンも犬夜叉を懐かしみながら視聴できる今作。 今回は『半妖の夜叉姫』第12話のあらすじとネタバレについて考察していきます!     U-NEXTなら『半妖の夜叉姫』を配信中! 半妖の夜叉姫を無料で見る   Contents1 アニメ『半 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『五等分の花嫁∬』1話のあらすじとネタバレ【五つ子姉妹と風太郎が再始動!】

週刊少年ジャンプにて連載された人気漫画『五等分の花嫁』。 前回のアニメが2019年1月から3月まで放送され、大反響となっていました。 2020年10月からは『五等分の花嫁∬』が第2期として放送される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で延期に。 しかし2021年1月から放送開始となり、ネットではさまざまな感想が見られます。 今回は、アニメ『五等分の花嫁∬』1話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。 U-NEXTなら『五等分の花嫁』を配信中! 五等分の花嫁∬を無料で見る   Cont ...

続きを読む

アニメ

アニメ『呪術廻戦』の名場面・名シーン7選!第1クールの印象的なエピソードまとめ!

すでにアニメファンの間では社会現象と呼べるほどの注目度を誇り、メディアでは「ポスト鬼滅」とも言われているアニメ『呪術廻戦』。 2021年冬には第2クールもスタートし、圧倒的な話題を集め続けています。 そんなアニメ『呪術廻戦』の第1クールから、特に印象的な名場面・名シーンをまとめました。 『呪術廻戦』の魅力を再確認したい方は必見です!   Contents1 アニメ『呪術廻戦』の名場面・名シーン1.1 ①順平の死1.2 ②五条悟の「無量空処」1.3 ③ナナミンの本気1.4 ④私が私であるため1.5 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『進撃の巨人 The Final Season』64話のあらすじネタバレ感想!【エレンとライナーの再会、そして衝撃のラストに注目!】

いよいよファイナルシーズンに突入し、大きな盛り上がりを見せているアニメ『進撃の巨人』

その The Final Season5話目(シリーズ全体では64話目)のあらすじやネタバレ、感想をまとめました。

ついにエレンとライナーが再会し、マーレ編も大きく動いていきます……

関連記事
アニメ『進撃の巨人』全話フル視聴&見逃し配信まとめ【無料動画でみよう!】

絶対的な力の差がある巨人と人間との戦いを描いた物語の「進撃の巨人」。 アニメ化されたことにより、社会現象を巻き起こすまでに人気となった進撃の巨人は、閉鎖空間の中での人間ん極限状態をリアルに描いています ...

 

U-NEXTなら『進撃の巨人』を配信中!

進撃の巨人を無料で見る

 

アニメ『進撃の巨人 The Final Season』63話のおさらい

マーレを裏から動かせるほどの権力を持った貴族タイバー家。

その当主ヴィリーはレベリオ収容区を訪れ、各国の要人を集めて、エルディア人たちの前で「祭事」を行う計画を進めます。

「祭事」が行われる当日、ライナーの奢りで大いにお祭りを楽しむ戦士候補生たち。

そしてついに「祭事」が始まろうとする中、戦士候補生のファルコに連れて行かれた先で、ライナーはエレンと再会を果たすのでした

関連記事
アニメ『進撃の巨人 The Final Season』63話のあらすじネタバレ感想!混乱の前の最後の平穏とライナーたちの再会!

複雑なストーリーと圧倒的な世界観で注目を集めるアニメ『進撃の巨人』もいよいよファイナルシーズン4期に突入。 その4話目で、アニメ全体では63話目となる「手から手へ」のあらすじネタバレや感想をまとめまし ...

 

アニメ『進撃の巨人 The Final Season』64話のあらすじネタバレ

予想外の再会

マーレにいるはずのないエレンとの予想外の再会で、大いに戸惑うライナー。

ファルコが「友人なんでしょう?」と無邪気に聞いてくるのに答えながら、ライナーはエレンと言葉を交わします。

エレンたちがいるのは、「祭事」が行われている会場の真下。

もしここでエレンが巨人化すれば、大勢の人が巻き込まれて命を落とすのは必至です。

なのでライナーには、そこに座ってエレンと会話する以外の選択肢がありません。

 

ヴィリーが語る世界の歴史

ヴィリー・タイバーは「祭事」のメインイベントとして、壮大な演出とともにこの世界の歴史を語り明かしていきます。

かつて「エルディア帝国」と呼ばれる超大国が、巨人の力で世界を支配していたこと。

エルディア帝国との戦いで、想像を絶する数の命が奪われたこと。

やがて台頭したマーレによって追い詰められたエルディア人は、パラディ島に三重の壁で囲まれた世界に閉じこもったこと。

壁の中にはエルディア帝国が健在であること。

そう説明し、ヴィリーはパラディ島のエルディア人への「宣戦布告」の必要性を説くのでした。

 

追い詰められるライナー

一方で、ライナーはエレンとの会話の中で精神的に追い詰められていました。

エレンの母の死に言及され、「世界を救うためだったんだろう?」「仕方ないよな?」と皮肉を投げかけられて大きく動揺するライナー。

その頃、ポルコとピークは顎ひげを蓄えた謎のマーレ兵(イェレナ)に呼び出されるも、巨人化できない狭い地下室に落とされて拘束されてしまいます

 

宣戦布告

エレンに騙されていたと知り、彼を責めるファルコ。

しかし、その言葉はそのままライナーにも刺さります

また、エレンからも徹底的に追い詰められたライナーは、「俺を殺してくれ」とエレンに懇願して許しを請います。

そんなライナーに、エレンは「敵を駆逐するまで進み続ける」と、変わらない決意を示し、巨人化。

「祭事」の舞台を吹き飛ばしてヴィリーの命を奪い、「宣戦布告」への反撃を開始するのでした。

 

アニメ『進撃の巨人 The Final Season』64話を見た視聴者の声

ついにエレンがマーレで巨人化し、暴れ出す……という怒涛のラストに、多くの視聴者が興奮を抑えきれなかった様子です。

その一方で、苦悩を吐露するライナーに共感する声も。

壮絶なストーリーの裏に、登場人物たちのリアルな感情が詰まっているからこそ、心を揺さぶられる人が多いんでしょうね。

 

アニメ『進撃の巨人 The Final Season』64話の感想・考察

今回もほぼ原作に忠実なストーリー進行でしたが、やはり最大の見どころは「演出」でした。

ヴィリーが「祭事」で見せる演出はそのまま舞台演劇のようでしたが、ちょっと複雑になりがちなマーレ編に至るまでの歴史を分かりやすく解説してくれていましたね。

そして、その演出が流れながら進むエレンとライナーの対話。

劇的なセリフや音楽がバックにあるからこそ、より感情を揺さぶるものに仕上がっていました

冷たい目でライナーを追い詰めるエレンと、見るも無残なほど動揺していくライナー。

その表情の表現は圧巻でした。

『進撃の巨人』ファイナルシーズンは、一貫して表情の描写が秀逸ですね。

 

ラストでエレンが巨人化するシーンは、これまで物語を追ってきたファンなら心を揺さぶられること間違いなし。

ファイナルシーズンの「進撃」は、ここから始まると言えるでしょう。

 

アニメ『進撃の巨人 The Final Season』64話のあらすじネタバレ感想まとめ

ついにエレンの反撃・暴走が始まり、盛り上がってきた『進撃の巨人』64話( The Final Season5話)。

ショッキングなラストから続く次回65話以降の展開が楽しみで待ちきれません。

より激しく、より悲しくなっていくストーリーに、今後も要注目です。

-アニメ

© 2021 アニメ・マンガFan