未分類

【2020年版】これだけは見るべきアニメランキング -青春アニメ編-

現在の社会情勢を踏まえ、自宅で過ごす人が以前よりも増えた人は多いでしょう。自宅にいるとつい時間を持て余してしまいます。そんな時、普段そこまで見ることはないけど何かアニメを見たいと思ったり、逆に色々アニメを見てきたけど何か新しく見ようかなと思うことがありますよね? 本記事では、これまで数多くのアニメを視聴してきた私が厳選するこれだけは見るべきと思うアニメをランキング形式で紹介していきます。 今回は、大人になるとふと青春を感じたいと思うようになる傾向があることや今の社会情勢によって本来なら青春を謳歌できる学生 ...

続きを読む

アニメ

【フルーツバスケット 2nd Season】第24話のネタバレ感想!最終回の直前で大きく動くストーリーに注目

フルーツバスケット 2nd Seasonの第24話のあらすじネタバレと感想をまとめました。 文化祭も終わり、ふたたび大きく動いたそれぞれの人間ドラマ。 最終回がいよいよ近づく中で、どのような変化があったのでしょうか……?   Contents1 「フルーツバスケット 2nd Season」第23話の内容をおさらい2 「フルーツバスケット 2nd Season」第24話のあらすじネタバレ2.1 由希と接して変化していく真知2.2 十二支の宴2.3 由希と慊人の決別2.4 慊人も思い知ればいい3 「 ...

続きを読む

アニメ映画

【崖の上のポニョ】ポニョの父親のフジモトとはどんなキャラ? 人間をやめた?

2008年に公開されたスタジオジブリのアニメ作品『崖の上のポニョ』。 こちらの作品に登場するフジモトというキャラクターがいます。フジモトについて、『崖の上のポニョ』を見た人からはこのような感想が挙げられています。 そーいやフジモトやポニョが何者なのか、という説明もなかったな。 — とりたく (@toritaku) February 13, 2015 崖の上のポニョ。これ好きだし、今見てるけど、フジモトって結局何者なんだ?元人間らしいが今は何なんだ?人間に嫌気が差したらしいが何がきっかけで人間辞めたんだ?グ ...

続きを読む

アニメ

「青春ブタ野郎」の 2期が放送される可能性はある?

「青春ブタ野郎」とは、鴨志田一さんが書かれており、電撃文庫で販売されている人気ライトノベルです。 ライトノベルだけでなくと漫画化もされていますし、2018年10月にはアニメ化し、2019年6月にはアニメ映画化もしました。 アニメやアニメ映画はとても人気が高い作品でしたので、アニメの2期を望む声はとても大きいのですが、2020年9月現在、アニメの2期の放映予定は決まっていません。 果たして「青ブタ」の2期が放映される可能性はあるのでしょうか?   Contents1 「青春ブタ野郎はバニーガール先 ...

続きを読む

アニメ映画

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」の実写版キャストがアニメ映画の声優としても出演していた!

「思い、思われ、ふり、ふられ」は、咲坂伊緒さんが別冊マーガレットにて連載されていた人気少女漫画です。 2018年には、第63回小学館漫画賞の少女向け部門を受賞しています。 そんな「思い、思われ、ふり、ふられ」が、アニメと実写の映画がほぼ同時期に公開されることとなりました。 本来、アニメ版は2020年5月に公開予定でしたが、コロナウイルスの影響で9月の公開となり、実写版は8月の公開であったため、ほぼ同時期に公開となったのです。 しかも、実写映画でメインである4人のキャストが、実はアニメ映画でも声優として出演 ...

続きを読む

アニメ

本好きの下克上の24話のあらすじを解説。【ネタバレ注意です】

日本で暮らしていた、ただの本オタクの本須麗乃が、死によって異世界での生活を余儀なくされるファンタジー作品『本好きの下克上』。

ライトノベルで人気が出た本作は、アニメも放送されています。

この記事では、アニメの24話のあらすじを解説。

24話を見た人は、自分の考察も入れながらご覧ください。まだ見ていない人は、ネタバレ覚悟でご覧ください。

 

本好きの下克上の概要

 


書籍版のシリーズ累計発行部数は、2020年3月の時点で300万部を突破

宝島社が発行するライトノベルのガイドブック『このライトノベルがすごい!』では、素晴らしい成績を出しているので、下記にまとめておきます。

2017年:単行本・ノベルズ部門5位

2018年:単行本・ノベルズ部門1位

2019年:単行本・ノベルズ部門1位

2020年に発売された『2010年総合ランキング』では、7位に入賞。これは、単行本・ノベルズ部門では1位となっています。

圧倒的な人気から、漫画やアニメ化が続々と決定しました。

 

本好きの下克上のあらすじ【ネタバレ注意です】

 


物語の舞台は、異世界の都市エーレンフェスト。その都市は、魔法の力を持つ貴族たちに支配されていました。

現代の日本で暮らしていた本須麗乃は、念願であった図書館への就職が決定。ですが、就職が決まった日に死亡します。

本が大好きな麗乃は、もっと多くの本を読みたいという未練がありました。

ところが、死んだはずの麗乃はふと目を覚まします。

気がつくと、そこは異世界エーレンフェストで、幼女のマインとしての身体を持っていました。

エーレンフェストでは、厳格な身分制度があり、今の時代のように手軽に本を手に入れることができません。

本好きの下克上は、本が大好きなマインが、厳格な身分制度の中で出世して、本を手に入れていく物語になります。

 

本好きの下克上の23話について

マインのことをよく思わない神殿長は、図書館を荒らして本を棚から落としまくります。

よく図書館を利用していたマインが行くと、犯罪者が入ったような散らかりぶりに怒りがこみ上がります。

もちろん犯人は分かっていますが、問い詰めても意味がありません。

マインは、現代日本で学んだように本を整理していきました。

ところが、本の整理が終わっても、魔術の本だけ見つかりません。

そこで、神殿長に問い詰めましたが、身分が低いマインは読ませてもらえませんでした。

理由は、この異世界での変わった制度。

ここでは、階級制度があります。魔術の本は、貴族の学校を卒業しないと手に入れることができませんでした。

マインは魔術の本は諦めて、完成した絵本を商人であるベノンに見せにいきました。

物を売ることが仕事のベノンは、さっそく絵本を売ることを考え始めます。

ただ、マインは孤児院で生活をしている子たちに無料で渡すと言い放ちました。

もちろんこの時代で本を量産するのは不可能ですし、この一冊の絵本をどのように扱うか言い争いになります…。

関連記事
『本好きの下剋上』の第23話「収穫祭のお留守番」のあらすじとネタバレ

『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~』は、香月美夜の同名小説を下敷きにしたアニメで、突如死んでしまった本好きな女性が転生して、魔法世界で司書を目指して奮闘していく物語です。 ...

 

 

本好きの下克上の24話のあらすじとネタバレ


初めての絵本作りに成功したマインは、次に活版印刷の本が作りたいと夢を膨らませていました。

大きな仕事を終えたマインは、自宅で過ごすよう家族に伝えます。ですが、神官長からは神殿で暮らせと命令されました。

理由は、ひどい吹雪のせいで、自宅から神殿まで来られなくなる可能性があるためです。これは、仕方ありません。

家族に事情を話すと納得を得られたので、極寒の神殿での生活に向けて準備を進めていきます。

すると急に、フランから儀式の言葉を覚えるように促されました。

もちろんマインは意味がわからなかったですが、騎士団からの要請のため承諾します。

マインは儀式の言葉を覚えて貴族門へ向かうと、そこには神官長がいました。

その神官長から受け取った指輪は、何と手のサイズに合うように変身しました。

その後、神官長と一緒に転移をして、貴族の住む街にたどり着きます。そこには、多くの貴族が集まっていました。

軽い挨拶と雑談が終わると、騎獣に乗って大空に飛び立ちます。

最初は怖がっていましたが、目を開けると見たこともない景色が広がっていて、マロンも大興奮。

向かう先は、森の中で暴れているトロンベという木。騎士団の使命は、トロンベを退治することです。

マロンは騎士団のように強くないので、違う役割が与えられます。それは、トロンベによって魔力がなくなった大地を癒すことでした。

マロンは戦いに挑む騎士団に向けて、祝福を授けたところでエンディングに入りました。

 

 

本好きの下克上24話の次の展開を考察

24話では、森で猛威を奮っているトロンベの討伐を目指すところで、話は終わりました。

25話で気になるのは、トロンベをどのようにして討伐するのかでしょう。

24話のシーンでも見たように、トロンベはかなり強いように見えました。騎士団は、マロンの祝福を受けて勝つことができるのでしょうか。

また、魔力が奪われた大地を癒すことはできるのでしょうか。

次回の25話が待ち遠しいですね。

 

 

 

 

 

-アニメ

© 2020 アニメ・マンガFan