アニメ

『ひぐらしのなく頃に 業』15話のあらすじネタバレ感想!【予想以上の展開でショックを受ける人が続出!】

同人ゲーム発で、ショッキングな描写と秀逸なストーリーがカルト的な人気を博してきた『ひぐらしのなく頃に』。 そのアニメ最新作『ひぐらしのなく頃に 業』の15話のあらすじネタバレ、感想をまとめました。 梨花が悲愴な決意を固めてから、どのような展開が待ち受けているのでしょうか……トラウマ必至の回となっています。   U-NEXTなら『ひぐらしのなく頃に 業』を配信中! ひぐらしのなく頃に 業を無料で見る   Contents1 『ひぐらしのなく頃に 業』14話のおさらい2 『ひぐらしのなく頃 ...

続きを読む

アニメ

『Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season』40話あらすじネタバレ感想!【オットーの過去とスバルの想いに感動!】

「小説家になろう」発の異世界ファンタジーアニメの中でも、特に大きな人気を集めて幅広い層から支持されている『Re:ゼロから始める異世界生活』、通称「リゼロ」。 その2nd Seasonの15話(通算40話目)のあらすじネタバレや感想をまとめました。 前回気になる描写で終わったオットーとスバル・エミリアの物語がそれぞれ掘り下げられます。 U-NEXTなら『Re:ゼロから始める異世界生活』を配信中! リゼロ 2nd seasonを無料で見る   Contents1 『Re:ゼロから始める異世界生活2n ...

続きを読む

アニメ

アニメ『半妖の夜叉姫』14話のあらすじとネタバレ【因縁の妖怪・焰が現れる!】

ヒットアニメ『犬夜叉』の続編として、『半妖の夜叉姫』が2020年10月から放送され、2クール目が2021年1月から放送されています。 最後の物語から15年が経過しており、全作のメインキャラクターの子どもたちが活躍する物語となっていて、かつてのファンも犬夜叉を懐かしみながら視聴できる今作。 今回は『半妖の夜叉姫』第12話のあらすじとネタバレについて考察していきます!     U-NEXTなら『半妖の夜叉姫』を配信中! 半妖の夜叉姫を無料で見る   Contents1 アニメ『半 ...

続きを読む

アニメ

アニメ『五等分の花嫁∬』1話のあらすじとネタバレ【五つ子姉妹と風太郎が再始動!】

週刊少年ジャンプにて連載された人気漫画『五等分の花嫁』。 前回のアニメが2019年1月から3月まで放送され、大反響となっていました。 2020年10月からは『五等分の花嫁∬』が第2期として放送される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で延期に。 しかし2021年1月から放送開始となり、ネットではさまざまな感想が見られます。 今回は、アニメ『五等分の花嫁∬』1話のあらすじとネタバレについて紹介していきましょう。 U-NEXTなら『五等分の花嫁』を配信中! 五等分の花嫁∬を無料で見る   Cont ...

続きを読む

アニメ

アニメ『呪術廻戦』の名場面・名シーン7選!第1クールの印象的なエピソードまとめ!

すでにアニメファンの間では社会現象と呼べるほどの注目度を誇り、メディアでは「ポスト鬼滅」とも言われているアニメ『呪術廻戦』。 2021年冬には第2クールもスタートし、圧倒的な話題を集め続けています。 そんなアニメ『呪術廻戦』の第1クールから、特に印象的な名場面・名シーンをまとめました。 『呪術廻戦』の魅力を再確認したい方は必見です!   Contents1 アニメ『呪術廻戦』の名場面・名シーン1.1 ①順平の死1.2 ②五条悟の「無量空処」1.3 ③ナナミンの本気1.4 ④私が私であるため1.5 ...

続きを読む

アニメ映画

【風の谷のナウシカ】王蟲(オーム)の正体は?その能力や鳴き声の謎も解説!

2020-11-26

宮崎駿が自ら手がけた漫画作品を原作に映像化した、アニメ映画の不朽の名作『風の谷のナウシカ』

その中に登場する象徴的な生き物が、王蟲(オーム)です。

王蟲(オーム)の正体とは?その能力や特徴は?まとめて解説します。

 

関連記事
映画『風の谷のナウシカ』見どころとあらすじを解説【2020年12月25日金曜ロードショーでノーカット放送決定!】

1984年に映画が公開されて、今もなお根強いファンがいる『風の谷のナウシカ』。 現代の新型コロナウイルスが蔓延する世情を絡めて、2020年12月25日に金曜ロードショーでノーカット放送されることが決定 ...

 

王蟲(オーム)とは?

『風の谷のナウシカ』に登場する巨大な「蟲」

王蟲(オーム)は、『風の谷のナウシカ』に登場する「蟲」の一種です。

14個の目を持ち、成長すると数十mもの巨体になります。

普段は青い目をしていますが、怒りを感じると目の色が赤くなって暴走

群れを成して暴れる様は非常に危険なため恐れられています。

映画ではその動きの表現にもこだわりが見られ、各パーツをゴムでつないで伸縮させることで、体節が蠢く独特のムーブを実現した、というエピソードがあります。

この複雑な動作は、『風の谷のナウシカ』の技術的な見どころとして、昔から話題を呼んできました。

腐海の王

『風の谷のナウシカ』の世界観で重要な要素となっているのが「腐海」

さまざまな菌類や「蟲」と呼ばれる生き物たちが複雑な共生環境を作っている場所で、独自の生態系を持っています。

腐海では「瘴気(しょうき)」という猛毒の空気が発せられているため、

人間が腐海に入るときはガスマスクを着けているのが映画内でも描写されました。

そんな腐海において、王蟲(オーム)はまさに「王」と呼べる存在。

その強大さから、人間はただ王蟲(オーム)を恐れるだけでなく、神聖な存在として畏敬の念を抱いています

腐海では王蟲(オーム)以外にも様々な蟲がいて、「ウシアブ」「大王ヤンマ」などが映画にも登場しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masaharu Midorikawa(@jetmasaharu)がシェアした投稿

王蟲(オーム)の特徴・能力は?

高い知能を持つ

王蟲(オーム)の特徴のひとつが「高い知能」

王蟲(オーム)は種族全体でひとつの集合意識を持っていて、独自の精神文化を築いている、とされています。

悲しみや思いやりといった感情を持ち、本来は穏やかで心優しい性格。

怒りで暴走して人間を殺してしまった際には悲しみを感じたりと、決して恐ろしいだけの存在ではありません。

また、原作漫画ではテレパシーによって人間とコミュニケーションをとったりと、人間と交流することも。

ナウシカも、映画の中で王蟲(オーム)と心を通わせていましたね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

kumi(@kotsupepan.37)がシェアした投稿

 

殻は剣や装甲の素材に

王蟲(オーム)は脱皮をくり返す生き物で、そのはかなりの弾力性と強度を誇ります。

そのため、人間は王蟲(オーム)の殻を、道具や機械の素材として活用してきました。

映画の中で登場するガンシップの装甲などに使われていて、実はナウシカの剣も王蟲(オーム)の殻でできています

また、王蟲(オーム)の目もレンズやガラスの素材として人間たちに重宝されています。

過去には素材を求めて人間が王蟲(オーム)を乱獲し、その怒りから大暴走が引き起こされた、という歴史も設定されているそうです。

 

触手には治癒能力が

王蟲(オーム)が口から触手を出すのも、映画『風の谷のナウシカ』の中で印象的なシーンのひとつ。

瀕死の状態に陥ったナウシカは、王蟲(オーム)たちの触手に触れられることで復活を遂げました。

この描写からも分かるように、王蟲(オーム)の触手には「治癒能力」があります

死にかけた人間でさえ、あっという間に蘇らせるという凄まじい力。

こうした力を持つのも、王蟲(オーム)が神秘的で尊い存在として扱われている理由のひとつでしょう。
あわせて読みたい
風の谷のナウシカとルパン三世の都市伝説は?作品に共通していることをチェック!

風の谷のナウシカとルパン三世にはいくつか共通している要因があり、都市伝説として語られることも少なくありません。 特に、ルパン三世には風の谷のナウシカのあのキャラに似た人物が登場しており、「あれ?」と思 ...

 

王蟲(オーム)の正体は?

王蟲(オーム)の正体は「人工生物」

不思議な力や生態を持つ王蟲(オーム)ですが、その正体が気になりますよね。

映画では王蟲(オーム)の正体ははっきりと言及されていませんが、原作の漫画では明かされています。

それによると、王蟲(オーム)は「火の七日間」と呼ばれる大戦の以前に人間によって作られた「人工生物」だそうです。

高度な文明を持っていた旧人類に作られたということで、どちらかというと巨神兵などに近い存在と言えますね。

腐海には「世界を浄化する」という目的があると原作で明かされますが、王蟲(オーム)もそれと同じく、「浄化」のために生み出されたそうです。

 

王蟲(オーム)の鳴き声はなんとギターの音!

映画の中では、王蟲(オーム)の独特の鳴き声も印象的なポイントですよね。

この鳴き声ですが、実は大人気ミュージシャン・布袋寅泰のギターの音から作られています

音楽を担当した久石譲から依頼を受けて、布袋寅泰が鳴き声を制作したとのこと。

あまり知られていない事実で、今でもたびたびインターネット上で話題を呼んでいます。

あわせて読みたい
映画『風の谷のナウシカ』金曜ロードショーで放送!過去の視聴率はどうだった?

スタジオジブリ作品である『風の谷のナウシカ』の放送日が決定しました! 映画館で公開された1984年から36年経った今でも根強い人気を誇りますが、地上波での放送も毎回高視聴率を誇っています。 今回は『風 ...

 

『風の谷のナウシカ』王蟲(オーム)の正体についてまとめ

アニメ映画だけでなく、原作漫画も知ることで奥深い世界観が明らかになる『風の谷のナウシカ』。

王蟲(オーム)はその世界観を理解するうえで、最重要の存在となっています。

王蟲(オーム)の正体や能力を知った上で映画を見ると、また新たな発見があるのではないでしょうか。

-アニメ映画

© 2021 アニメ・マンガFan