未分類

【2020年版】これだけは見るべきアニメランキング -青春アニメ編-

現在の社会情勢を踏まえ、自宅で過ごす人が以前よりも増えた人は多いでしょう。自宅にいるとつい時間を持て余してしまいます。そんな時、普段そこまで見ることはないけど何かアニメを見たいと思ったり、逆に色々アニメを見てきたけど何か新しく見ようかなと思うことがありますよね? 本記事では、これまで数多くのアニメを視聴してきた私が厳選するこれだけは見るべきと思うアニメをランキング形式で紹介していきます。 今回は、大人になるとふと青春を感じたいと思うようになる傾向があることや今の社会情勢によって本来なら青春を謳歌できる学生 ...

続きを読む

アニメ

【フルーツバスケット 2nd Season】第24話のネタバレ感想!最終回の直前で大きく動くストーリーに注目

フルーツバスケット 2nd Seasonの第24話のあらすじネタバレと感想をまとめました。 文化祭も終わり、ふたたび大きく動いたそれぞれの人間ドラマ。 最終回がいよいよ近づく中で、どのような変化があったのでしょうか……?   Contents1 「フルーツバスケット 2nd Season」第23話の内容をおさらい2 「フルーツバスケット 2nd Season」第24話のあらすじネタバレ2.1 由希と接して変化していく真知2.2 十二支の宴2.3 由希と慊人の決別2.4 慊人も思い知ればいい3 「 ...

続きを読む

アニメ映画

【崖の上のポニョ】ポニョの父親のフジモトとはどんなキャラ? 人間をやめた?

2008年に公開されたスタジオジブリのアニメ作品『崖の上のポニョ』。 こちらの作品に登場するフジモトというキャラクターがいます。フジモトについて、『崖の上のポニョ』を見た人からはこのような感想が挙げられています。 そーいやフジモトやポニョが何者なのか、という説明もなかったな。 — とりたく (@toritaku) February 13, 2015 崖の上のポニョ。これ好きだし、今見てるけど、フジモトって結局何者なんだ?元人間らしいが今は何なんだ?人間に嫌気が差したらしいが何がきっかけで人間辞めたんだ?グ ...

続きを読む

アニメ

「青春ブタ野郎」の 2期が放送される可能性はある?

「青春ブタ野郎」とは、鴨志田一さんが書かれており、電撃文庫で販売されている人気ライトノベルです。 ライトノベルだけでなくと漫画化もされていますし、2018年10月にはアニメ化し、2019年6月にはアニメ映画化もしました。 アニメやアニメ映画はとても人気が高い作品でしたので、アニメの2期を望む声はとても大きいのですが、2020年9月現在、アニメの2期の放映予定は決まっていません。 果たして「青ブタ」の2期が放映される可能性はあるのでしょうか?   Contents1 「青春ブタ野郎はバニーガール先 ...

続きを読む

アニメ映画

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」の実写版キャストがアニメ映画の声優としても出演していた!

「思い、思われ、ふり、ふられ」は、咲坂伊緒さんが別冊マーガレットにて連載されていた人気少女漫画です。 2018年には、第63回小学館漫画賞の少女向け部門を受賞しています。 そんな「思い、思われ、ふり、ふられ」が、アニメと実写の映画がほぼ同時期に公開されることとなりました。 本来、アニメ版は2020年5月に公開予定でしたが、コロナウイルスの影響で9月の公開となり、実写版は8月の公開であったため、ほぼ同時期に公開となったのです。 しかも、実写映画でメインである4人のキャストが、実はアニメ映画でも声優として出演 ...

続きを読む

アニメ

『本好きの下剋上』の第23話「収穫祭のお留守番」のあらすじとネタバレ

『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~』は、香月美夜の同名小説を下敷きにしたアニメで、突如死んでしまった本好きな女性が転生して、魔法世界で司書を目指して奮闘していく物語です。

ペーパーレス化が進む現代社会の中で、「本とは何か」、「本の価値とは」といった「本」そのものの在り方を問うてくる深い作品でもあり、幅広い年齢層から人気があります。

 

さて今回は、『本好きの下剋上』第二期23話のお話をご紹介していきます。

ネタバレを含むので、ネタバレはちょっとという方はご注意ください。

 

 

■『本好きの下剋上』前回までのお話を復習

 

前エピソード「ヴィルマと子供用聖典」(22話)では、タイトルからも分かるように、ヴィルマに焦点が当てられた話でした。

 

孤児院の子供たちに物語を語って聞かせるマインでしたが、ワードそのもののイメージがない孤児たちにとって、物語はただのそよ風同然のものでしかありませんでした。

そんな状況を打破したいと思ったマインは、文字だけの本ではダメ、絵本を作らなくてはと思い立ちます。

絵本を作る上で大切なのはやはり絵の質です。

そこで絵がとても上手なヴィルマにこの大役を任せようとするのですが、ヴィルマの男性恐怖症が邪魔して思うように作業が進みません。

しかし、意志の固いマインは、絵本用の材料(インク、ペン、紙、木など)集めに奔走します。

ヴィルマはこれを機に男性恐怖症を克服し、前進する決心をするのでした。

 

 

■『本好きの下剋上』23話「収穫祭のお留守番」はこんなお話

 

前22話は主にヴィルマの話がストーリーの中心となっていましたが、この23話では再びマインに焦点が戻されます。

この23話「収穫祭のお留守番」の話はズバリ、図書室荒らし!そして荒らされた図書室の片付けの話になります。

平民でありながら青色組に選ばれたマインは収穫祭に出ることを楽しみにしていました。

しかし、貴族や神殿長はこれが気に食わず、マインを収穫祭に出さないために青色神官を放ちます。

彼は妨害校策としてなんとマインの命とも言える図書室を目茶目茶に荒らしてしまうのです。

荒らされた図書室を見て、愕然とし、怒りに震えるマインですが、これを機に自分の良いように本を整理することを思い付きます。

日本十進法に則って本を整理することに成功し、今まで以上に理路整然と本が並べられました。

これにはフェルディナンドも大いに感心しますが、同時にどこでこんな知識を得たのか不思議に思うようにもなります。

 

 

■22話で試行錯誤していた絵本はどうなった?!

 

22話であれほど試行錯誤していた絵本は23話ではどうなったのかと言いますと、無事素晴らしいものが完成するに至ります。

出来上がった絵本をマインは商人のベンノに見せます。

素晴らしい出来の本を前に商人がビジネスについて語り出さないわけがありません。

すぐさまいくらで売るのかマインを問いただします。

売る気はさらさらなく、無償で孤児たちに提供することしか考えていなかったマインはベンノと激しい言い争いバトルを繰り広げます。

マインは一体どういうつもりでベンノに絵本を見せたのか、ちょっと分かりかねる部分もありますが、それがマインらしいところでもあるのでしょう。

マインとベンノの言い争いシーンは、『本好きの下剋上』の名物シーンにもなっていますが、このエピソードでも新しい言い争いをじっくり堪能することができます。

 

 

■マインはやはり魔術書を見ることも触ることもできない?!

 

図書室にあるはずの魔術書がないことを訝るマインは、その理由を上の人に問いただします。

しかし、返事はいつもと同じく「魔力を持った貴族のみが魔術書を手にすることを許されている」というもので、マインはいくら魔力があっても平民なので魔術書を読ませるわけにはいかないというのです。

貴族と平民の身分差があらゆる場面で鋭い爪を立ててきますが、そんな身分差を跳ね飛ばして、どこまでマインが「下剋上」を頑張れるのか、期待したいところです。

 

 

■おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

『本好きの下剋上』23話「収穫祭のお留守番」は、ご乱心のマインが印象的なエピソードとなりました。

収穫祭へ出席できると期待に胸躍らせていたかと思えば、それが叶わず落胆してしまいます。

さらに、それに追い打ちをかけるかのような、大荒れに荒らされた図書館の悲惨な有様はマインの堪忍袋の緒を切ります。

頭から火を吹いて怒り狂うマインが居たかと思えば、自分の思い通りの図書館を新たに作り出せて有頂天なマインが居たりと、ちょっと躁鬱症状を疑いたくなる感情の激しいマインが実に印象的です。

マインが執着する魔術書の存在も気になるところです。

マインの持つ強力な魔力が魔術書によってより強大なものになってしまったらどうなるのでしょう。

マインが一丁前の司書目指して努力していく姿は今後も応援していきたいところですが、ちょくちょく出てくる伏線の存在も、今後しっかりチェックしていきたいところです。

 

-アニメ

© 2020 アニメ・マンガFan