SF・アドベンチャー

映画「2001年宇宙の旅」感想・評価レビュー【現代の若者に観てほしい】

こんにちは、今回は「2001年宇宙の旅」という映画を観たのでレビューします。

「2001年宇宙の旅」作品紹介

本作はアーサー・C・クラーク原作、スタンリー・キューブリック監督の1968年公開の作品です。私はこの映画を10年後のリバイバル上映で小学生の時に映画館で見ました。その頃はすでにスターウォーズも公開されておりSF宇宙を舞台にした映画は珍しくはなかったのですが、この映画を見た時に衝撃を感じたのはスターウォーズの様な派手な爆発音や効果音などなく、無音の宇宙空間で宇宙飛行士の息遣いしか聞こえないシーンが延々と続いていた事です。実際の宇宙では爆発音など聞こえるはずもなく、リアリズムを追求したこの映画の作り込みには本当に感動しました。

この映画では月面基地のシーンが出てくるのですが、その作り込みのリアリティ感は素晴らしく、しかもこの映画が公開されたのはアポロ11号が月着陸をする1年半前ということにも驚きでした。現在では実際の月面の様子は当然知られていますが、当時はまだ誰も見た事のない月面の様子を再現していたのは奇跡という他ありません。多分、現代の人がこの映画を今見ても全く違和感を感じないと思います。これは簡単な様でとてもすごい事で現代の技術は過去のSF映画よりも進んでいて未来の話なのにクラシック感を感じてしまう事がよくあります。しかし、この映画にその様な漢字を受ける所がないほど完璧なのです。

この映画は哲学的な意味合いも含んでいると思っており、冒頭の原始人たちがモノリスで知恵を与えられ道具を使い始め、現代に進化した我々も様々な道具を使いロケットで宇宙空間までその行動範囲を広げましたが、さらに月面のモノリス、木星軌道上のモノリスに出会い進化を遂げて行きますが、結局は未知なる生命(神?)の存在に見守られているのだと思わされる様な内容でした。これは当時小学生であった私でも言葉ではなく映像で見せられたので素直に受け入れられた感じがしました。

またこの映画は将来のコンピュータとの関係についても示唆していたと思います。作品中に出てくるスーパーコンピュータHAL9000はまるで人間の様であり、コンピュータが高性能化してゆくと人間の思考と見分けが付かなくなり最後には極秘命令による葛藤で殺人まで犯すことになってしまうというシーンがあり、これは現代のAI技術の今後の行く末を示唆しているかの様で非常に考えさせられました。既に今は作品中の2001年よりもさらに未来の2020年となりましたが、本作はこれからの未来に対して我々はどの様に進化してゆき世の中もどの様に変わってゆくのかを考えさせられる作品であったと思います。

「2001年宇宙の旅」を見た感想

当時の私に対してこの「2001年宇宙の旅」という作品は、まず映画というものが、見た事がないこと経験した事がないことを現実の様に映像として見せてくれて夢を与えてくれると教えてくれました。そしてその思いは心の奥底にずっと残っており、私に宇宙への興味を持たせたことは事実です。そしてまた私が映画好きになった原因もこの作品だと思います。この映画を見てから多分年間数十本以上は映画を見ています。今でこそスマホでいつでも簡単に見る事ができますが、当時はビデオもなく映画館で見るしかなく当時は少ないお小遣いで2本立ての安い映画館とかに通っていました。また、映画を通じて映画好きの友達も沢山でき、高校の時には一緒に自作の映画を制作したこともありました。そう言う意味でもこの作品は私の行動を積極的にさせたと思います。今振り返れば、本当にこの「2001年宇宙の旅」と言う作品は私の人生に色々と大きな影響を与えてくれたのだと思います。

「2001年宇宙の旅」はこんな人に見てほしい

この作品はまさに現代の若者に見て欲しいと思います。そしてこの映画が制作された時代背景を知った上で見ると絶対に感動すると思います。

そして半世紀以上前の人たちが今の時代を夢見て作り上げた作品を見て、自分たちがこれから先50年後の未来にどの様な事を望み想像するのかを考えて欲しいと思います。よく「ゆとり世代」とか「悟り世代」などと言われますが、未来を想像できない人生ほどつまらないものはないとこの映画を見て気づいて欲しいと思います。自分はこの映画を見た時に「将来のコンピュータは会話ができるんだ」とワクワクしていましたし実現すると思っていました。実際に現代社会ではアップル社のSiriをはじめ色々なAIとまるで人間と話しているかの様な感じで会話できる時代となりました。

またこれからの時代は人類はさらに宇宙に進出し、民間会社も参入し身近なものとなるはずです。この映画の中でも地球から宇宙ステーション間の行き来は、今は亡きPAN AM航空でした。今からの50年後そしてこの作品が公開されてから100年後はどの様な世の中になっているかを今の若者たちにこの作品を見て想像し、そしてこれからの自分の人生を想像して見て欲しいと思います。

-SF・アドベンチャー

© 2020 アニメと映画考察ブログ