未分類

【2020年版】これだけは見るべきアニメランキング -青春アニメ編-

現在の社会情勢を踏まえ、自宅で過ごす人が以前よりも増えた人は多いでしょう。自宅にいるとつい時間を持て余してしまいます。そんな時、普段そこまで見ることはないけど何かアニメを見たいと思ったり、逆に色々アニメを見てきたけど何か新しく見ようかなと思うことがありますよね? 本記事では、これまで数多くのアニメを視聴してきた私が厳選するこれだけは見るべきと思うアニメをランキング形式で紹介していきます。 今回は、大人になるとふと青春を感じたいと思うようになる傾向があることや今の社会情勢によって本来なら青春を謳歌できる学生 ...

続きを読む

アニメ

【フルーツバスケット 2nd Season】第24話のネタバレ感想!最終回の直前で大きく動くストーリーに注目

フルーツバスケット 2nd Seasonの第24話のあらすじネタバレと感想をまとめました。 文化祭も終わり、ふたたび大きく動いたそれぞれの人間ドラマ。 最終回がいよいよ近づく中で、どのような変化があったのでしょうか……?   Contents1 「フルーツバスケット 2nd Season」第23話の内容をおさらい2 「フルーツバスケット 2nd Season」第24話のあらすじネタバレ2.1 由希と接して変化していく真知2.2 十二支の宴2.3 由希と慊人の決別2.4 慊人も思い知ればいい3 「 ...

続きを読む

アニメ映画

【崖の上のポニョ】ポニョの父親のフジモトとはどんなキャラ? 人間をやめた?

2008年に公開されたスタジオジブリのアニメ作品『崖の上のポニョ』。 こちらの作品に登場するフジモトというキャラクターがいます。フジモトについて、『崖の上のポニョ』を見た人からはこのような感想が挙げられています。 そーいやフジモトやポニョが何者なのか、という説明もなかったな。 — とりたく (@toritaku) February 13, 2015 崖の上のポニョ。これ好きだし、今見てるけど、フジモトって結局何者なんだ?元人間らしいが今は何なんだ?人間に嫌気が差したらしいが何がきっかけで人間辞めたんだ?グ ...

続きを読む

アニメ

「青春ブタ野郎」の 2期が放送される可能性はある?

「青春ブタ野郎」とは、鴨志田一さんが書かれており、電撃文庫で販売されている人気ライトノベルです。 ライトノベルだけでなくと漫画化もされていますし、2018年10月にはアニメ化し、2019年6月にはアニメ映画化もしました。 アニメやアニメ映画はとても人気が高い作品でしたので、アニメの2期を望む声はとても大きいのですが、2020年9月現在、アニメの2期の放映予定は決まっていません。 果たして「青ブタ」の2期が放映される可能性はあるのでしょうか?   Contents1 「青春ブタ野郎はバニーガール先 ...

続きを読む

アニメ映画

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」の実写版キャストがアニメ映画の声優としても出演していた!

「思い、思われ、ふり、ふられ」は、咲坂伊緒さんが別冊マーガレットにて連載されていた人気少女漫画です。 2018年には、第63回小学館漫画賞の少女向け部門を受賞しています。 そんな「思い、思われ、ふり、ふられ」が、アニメと実写の映画がほぼ同時期に公開されることとなりました。 本来、アニメ版は2020年5月に公開予定でしたが、コロナウイルスの影響で9月の公開となり、実写版は8月の公開であったため、ほぼ同時期に公開となったのです。 しかも、実写映画でメインである4人のキャストが、実はアニメ映画でも声優として出演 ...

続きを読む

アニメ

煉獄杏寿郎の「心を燃やせ」というセリフがかっこいい!

「鬼滅の刃」は週刊少年ジャンプで連載され、2019年4月にアニメ化されたことで大ヒットしました。
TVなどのメディアでも多数取り上げられたので、アニメや漫画を見たことがない方でも、名前を聞きたことがある方も多いのではないでしょうか?
2020年の10月には映画「無限列車編」公開される予定となっています。
映画の中で重要な役割をしているのが、鬼殺隊の柱である「煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅうろう)」です。
煉獄杏寿郎には数々のかっこいい名言が数多くあります。

 

 

鬼殺隊の柱とは


「鬼殺隊」とは名前の通り「鬼を殺す力を持った剣士の集まり」であり、政府非公認の組織で、選ばれた剣士は「日輪刀」という鬼を殺すことができる刀を持っています。
鬼殺隊の当主は「産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)」で、隊士たちには「お館様」と呼ばれています。
「柱」とは鬼殺隊のトップにいる剣士のことで、「炎柱」である煉獄杏寿郎はそのうちの1人です。
柱は9名が上限となっており、煉獄杏寿郎以外のにも、主人公の炭治郎と同じ水の呼吸を使う「水柱」の「冨岡義勇(とみおかぎゆう)」、「蟲頭」の「胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)」、「音柱」の「宇髄天元(うすいてんげん)、「霞柱」の「時透無一郎(ときとうむいちろう)」、「恋柱」の「甘露寺蜜璃(かんろじみつり)」、「岩柱」の「悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)」、「蛇柱」の「伊黒小芭内(いぐろおばない)」、「風柱」の「不死川実弥(しなずがわさねみ)」の8人がいます。

 

 

煉獄杏寿郎はどんな人?

炎の呼吸を極めた超一流の剣士です。
姿は金髪の一部が赤くなっていて、身に付けているマントの模様が「炎」になっています。
単純なところはありますが、正義感が強く、さっぱりしていてとにかく「熱い」性格です。
面倒見も良い人で、炭治郎が父親から引き継いだ炎の呼吸に似ている「ヒノカミ神楽の呼吸」について尋ねたときには、炭治郎を柱の直弟子になる「継子」に誘ったほどです。

 

 

煉獄杏寿郎のセリフ「心を燃やせ」とは

漫画の66話で、煉獄杏寿郎は十二鬼月の上弦の参である「猗窩座」と死闘を繰り広げます。
煉獄杏寿郎はその戦いで致命傷を負ってしまうのです。
「胸を張って生きろ。 己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと心を燃やせ 歯を食いしばって前を向け。君が足を止めて蹲っても時間の流れは止まってくれない。共に寄り添って悲しんではくれない。俺がここで死ぬことは気にするな。柱ならば、後輩の盾となるのは当然だ。柱ならば誰であっても同じことをする、若い芽は摘ませない。そして今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ。俺は信じる、君たちを信じる」
杏寿郎はそばに駆け付けてきた炭治郎や善逸、伊之助、禰豆子にそう伝えて息を引き取ります。
杏寿郎は「人間はいつか死ぬけれど、精いっぱい生きること」を死にゆく体であるにも関わらず、自分の思いを引き継いでくれるであろう、彼らに伝えるのです。
事実、この言葉はその後のさまざまな戦いに身を投じる炭治郎の心の支えにもなる大切な言葉になりました。
死に際にこんなにかっこいいセリフを吐ける煉獄杏寿郎は本当にかっこいい男です。

 

 

その他にもたくさんある煉獄杏寿郎

煉獄杏寿郎には数々のかっこいい名セリフがあります。

 

老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさだ

十二鬼月の上弦の参である「猗窩座」は強さを追い求めている鬼です。
猗窩座は煉獄杏寿郎の強さを「至高の領域」に近いと評価をします。
しかし、人間はいつか必ず老いて死にます。
鬼になれば永遠に若い肉体で生きることができますから、杏寿郎であれば「至高の領域」に達するだろう、と鬼にならないか、と勧誘するのです。
しかし、杏寿郎はそれを真っ向から否定します。
「老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさだ。老いるからこそ死ぬからこそ堪らなく愛おしく尊いのだ。強さというものは肉体に対してのみ使う言葉ではない」
「俺はいかなる理由があろうとも鬼にはならない」
杏寿郎の鬼殺隊の柱として人間を守りたい、という気持ちが伝わってくるセリフです。
永遠の命を得て強さを求めるよりも、限りある命だからこそ大事にできるものや愛しく感じられるものがある。
人間として生きている私たちにとっても、深く考えられさせられる言葉ではないでしょうか。

 

母上、俺はちゃんとやれただろうか やるべきこと 果たすべきことを全うできましたか?

煉獄杏寿郎が死に際に見たのは母親の姿でした。
杏寿郎にとって母親は正しく強く生きるようになった影響を及ぼした大切な人物です。
母親は杏寿郎の言葉に「立派にできましたよ」と言われ、笑顔で息を引き取りました。
立派な柱でもやはり一人の人間。
母親に褒められたのがうれしかったのでしょうね。

 

関連記事
アニメ「鬼滅の刃」ネタバレ・解説【人気の秘密は個性豊かなキャラクターと家族愛!】

週刊少年ジャンプで連載され多くのファンを獲得した「鬼滅の刃」。 鬼に家族を殺された少年・炭治郎が鬼に変貌してしまった妹・禰豆子を人間に戻し、仇を打つために鬼殺隊として戦う物語です。 コミックの売り上げ ...

関連記事
鬼滅の刃に大人がハマる理由とは?

鬼滅の刃という漫画をご存知ですか? 2020年日本で最もヒットした漫画で、子供だけでなく大人や普段漫画をあまり読まないような人たちにも広く愛されている作品です。 しかしなぜ大人がここまで鬼滅の刃にハマ ...

 

煉獄杏寿郎の「心を燃やせ」というセリフがかっこいい!まとめ

今回は煉獄杏寿郎と猗窩座との戦いのときのセリフをピックアップしましたが、映画「無限列車編」やその他の場面でもかっこいいセリフがたくさんあります。
彼の名言は心を打つものがたくさんあるので、今一度杏寿郎の出てくるシーンを見返してみることをおすすめします。

 

-アニメ

© 2020 アニメ・マンガFan